スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋大賞 2009

画像がないようですが、今年は黒い表紙でしたー。
もうこんな季節なのかと月日の経つ、その速さに驚きます。
ランキングには若干疑問を感じなくもないですが、
じゃあ何が一番だったかといわれるとハテ・・・となりますなぁ。
去年はイマイチこれだー!!!!ってのがなかったような。
毎年楽しみなのが発掘部門なんですが、
「こんたん」ってのが気になります。面白そう。
毎年読んでみたいなぁと思いつつ読めてないんですが・・・。
スポンサーサイト

このミステリーがすごい 2009年

このミステリーがすごい! 2009年版このミステリーがすごい! 2009年版
(2008/12/05)
『このミステリーがすごい!』編集部

商品詳細を見る

このミス2009年版が発売になりましたー!
1位のはなんとなく去年のイメージがあったので、ちょっとびっくり。
そうかそうか。これは今年のランキングに入るのかーと。
3位と9位を読んでないので、こりゃ要チェックですな。
今年の表紙がイマイチかわいくないのは何故かしら・・・。
このミスやらのランキングが出ると、今年も終りだなぁと
しみじみ思いますねぇー。
今年はざっくりとした感じで言うと、海外の作品に当たりが
多かったような。来年はもっとたくさん本を読めたら良いなぁと思います。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

もっとすごい!このミステリーがすごい!

もっとすごい! このミステリーがすごい! [別冊宝島1503] (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)もっとすごい! このミステリーがすごい! [別冊宝島1503] (別冊宝島 1503 カルチャー&スポーツ)
(2008/02/07)
不明

商品詳細を見る

★★★★☆
このミスが始まって20年。
節目を記念して特別号が出ました♪
過去のこのミス作品と20年のベスト。
ほっほう。20年前はこんなベストだったのかーと、
驚きと納得。参考になるし、勉強になります。
このミス1位の方々のインタビューものってて
なかなかに豪華な作り。
ミステリファンは買いでしょう。
そんでもってこれさえあれば
過去のこのミスを処分しても問題ないではないですか!!
本が増えすぎて本気でやばくなってきたので
処分できるってのはありがたいことです。
というか、本読みの方々はどうされてるんでしょう。
日々増える本の処理を。
売るのは心理的に無理だし、捨てるのは出来ないでしょ。
今は友人に押し付けたり寄付したりしてるんですが、
そんなんじゃおっつかなくなってきた・・・。
・・・この際燃やしてしまうというのも一考の価値があるやも。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

このミステリーがすごい2008

このミステリーがすごい! 2008年版 このミステリーがすごい! 2008年版
このミステリーがすごい!編集部 (2007/12/05)
宝島社
この商品の詳細を見る

このミス出ましたねー。
上位の半分以上を読んでないという
体たらく。
いや、これからの楽しみが増えるってもんです。
1位を読んでないのでなんとも言えないんですが、
2位、3位を抑えてのランクインなので
かなり期待大。
20周年ということで、500円というお安さ。
海堂尊の書き下ろし短編もついてるし、
今年出たミステリーのブックリストも付いてるし
表紙もかっちょ良いし、こりゃ買いですよ。
入手が難しそうな『X橋付近』がランクインするのは
いかがなものかと思ったりもしますが。
隠し玉コーナーに載ってる古川日出男の2000枚の物語が
大変気になります。
早く読みたいもんです。
これからどんどん年末ベストが出回りますね。
大変楽しみです。

テーマ : この本買いました
ジャンル : 本・雑誌

本屋大賞2007

本屋大賞 2007 (2007) 本屋大賞 2007 (2007)
本の雑誌編集部 (2007/04)
本の雑誌社
この商品の詳細を見る

本屋大賞の2007年版が出てました。
佐藤多佳子が1位。うーむ。順当すぎるような気も。
発掘部門の『赤い竪琴』が気になります。
あと『ご冗談でしょうファインマンさん』『館島』とかも
読んでみたいなぁ。
・・・去年読んでみたいといってた『たたり』すら
読めてない私が何を言うって感じがしなくもないんですが。
あ。そういや『ラギッド・ガール』も読めてない。
ああ。ひきこもって本だけ読んで暮らしたい。
なんでこんなに時間がないんだろう。
読むべき本はあんなにたくさん眠ってるってのに!!!

本屋大賞2006

本屋大賞2006
本屋大賞2006

★★★☆☆
2006年版の本屋さんが選んだ一番売りたい本決定です。
というわけで1位は『東京タワー』・リリーフランキー著ですと。
今年はベスト10作品のほとんどが
すでに売れてる本な気が・・・。
んが。そんなこと気にしちゃいけません。
本屋大賞のメインはむしろ
発掘本やらランク外のものにあるのです。多分。
全くノーチェックだったものを
ピックアップしてちょこっとずつ読んでいければ
いいなぁと思います。
『たたり』というのを読んでみたいです。
絶版だそうですが。

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

『作家の読書道』

作家の読書道
作家の読書道

★★★★☆
あさのあつこ、伊坂幸太郎、石田衣良、奥田英朗、
恩田陸、金城一紀、北村薫、本多孝好、森絵都などなど
私の好きな作家さんがてんこもりじゃないですか!
なんて贅沢な!!
作家さんがどんな本を読んできたかがメインの
インタビュー集なので、
大変興味深かったです。
面白そうな本もたくさんあったので
ブックガイドとしても良いですよ。
本は読めば読むほど奥が深いなぁと実感。
もっとたくさんの本を読む時間か、
もっと速く本を読める能力がほしい・・・。
bird4.gif

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
TOTAL Pages 2
RSSフィード
ようこそー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。