グリン・ダニエル 『ケンブリッジ大学の殺人』 扶桑社
ケンブリッジ大学の殺人 (扶桑社ミステリー タ 9-1)ケンブリッジ大学の殺人 (扶桑社ミステリー タ 9-1)
(2008/05/29)
グリン・ダニエル

商品詳細を見る

★★★★☆
明日から休暇に入るというケンブリッジ大学で
門衛が射殺されるという事件が起こる。
大学の自治を取り戻すべくサー・リチャード・チェリントンは
推理を働かせるが・・・。
理詰め一辺倒といいますか、かなり本格度が高くなっておりますので
トリッキーなミステリーがお好きな方にはちょっとつらいかもしれません。
複雑に絡まりあう人間関係と、それぞれの証言。
誰がどこまで真実を語っているのか、誰をどこまで信じていいのか、
真相はどこにあるのか?!
外文なんで、なかなかに登場人物を覚えるのが大変で、
しかも入り組んでるんですが、読まないのはもったいないかも。
どこまでも論理的で、登場人物たちも一筋縄ではいかい曲者ぞろい。
サー・リチャードと警察の知恵比べもお楽しみを。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2008/06/29 23:52 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
奈須きのこ 『空の境界』 講談社
空の境界 上  (講談社ノベルス)空の境界 上 (講談社ノベルス)
(2004/06/08)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

★★★★☆
おお!面白かった。
若干手に取りにくい表紙で、気にはなりつつも
読んでなかったんですが、もっと早く読んどきゃ良かった。
戦う美少女と普通の男の子、倒すべき敵みたいな、
ステレオタイプなキャラクター小説家かと思いきや、
ストーリーのアクロバティックさや構成の面白さで
中々に読ませるのです。
ところどころ倫理的にどうだろうと思うところもあるんですが、
そこはフィクションだと割り切って読めば良いかなぁと。
伝奇小説といわれているようなのですが、
そのジャンルに今まで触れてこなかったので
これからはそっちもありかなぁと。
あ。あと解説分かりにくい。んで長い。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/06/25 21:15 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
フランク・シェッツィング 『グルメ探偵キュッパー』 ランダムハウス講談社
グルメ警部キュッパー (ランダムハウス講談社 シ 5-1)グルメ警部キュッパー (ランダムハウス講談社 シ 5-1)
(2008/02/01)
フランク シェッツィング

商品詳細を見る

★★★☆☆
『深海のYrr』がべらぼうに面白かったので、
フランク・ シェッツィングの著作を調べたところ、
翻訳されてる小説はこれだけのようです。
グルメなキュッパー警部が部下のラーベンホルストとともに
殺人事件を解決するって話で、
どっちかというとユーモアミステリーでした。
イールとのあまりの違いにびっくりしましたが、
サクサク読めて楽しめました。
んが、グルメ警部と銘打ってるわりには
あんまりおいしそうな食べ物の出番が少ないような。
もっとモグモグしててほしかったです。
【2008/06/21 23:06 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アンソロジー 『14歳の本棚 初恋友情編』 新潮社
14歳の本棚 初恋友情編―青春小説傑作選 (新潮文庫 き 29-2)14歳の本棚 初恋友情編―青春小説傑作選 (新潮文庫 き 29-2)
(2007/03)
石田 衣良

商品詳細を見る

★★★☆☆
あ。しまったしまった。
前に読んだ時にもなんだか物足りない気がしてたシリーズだこりゃ。
いくつかの短かいお話が収録されてはいるんですが、
短編だけでなく、長編の一部だけとか、
出だしの少しだけってのも収録されてて、
読んだ気がしないんです。
長編の一部を読んでどうなるってんだい。
てやんでべらぼうめ。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2008/06/20 19:36 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国
インディー・ジョーンズ クリスタルスカルの王国見てきました!
めっちゃ面白かったですー!!!
あちこち笑えるアクション冒険活劇!
ハリソン君は確かに年を重ねてましたが全然不死身。
核実験に巻き込まれても、川からダイブしても平気。
細かい事はいえませんが
蛇やらサソリやらサルのシーンもすごくおかしいのです。
最終的にそんな展開にー?!って感じがしなくもないですが、
良いのです。娯楽映画だから。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/06/15 22:48 】 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
三谷幸喜・マジックアワー
マジックアワー見てきました♪
めっちゃ笑いましたー。
街を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出した備後。
命を助けてもらうために、
伝説の殺し屋・デラ富樫を探し出すと約束してしまう。
しかし、徒に時間が過ぎ、なかなか見つからない。
焦った備後は売れない役者・村田を映画撮影だと騙し
街まで連れて来る・・・!!!
村田役の佐藤浩一の演技が面白すぎなんです。
細かいところでもくすぐりが入って、すごく楽しめました。
ただ、若干深津さんの演技が過剰というかなんというか。
好きな女優さんなだけにあら?っていう感じがしないでもなかったです。
んがしかし!そこを差し引いても全然楽しめると思いますので
おススメですよー。有頂天ホテルに出てきたあの人も登場したり。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/06/11 23:15 】 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画 西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ試写会に行ってまいりましたー。
映像が大変綺麗で、やわらかな光に包まれた緑が
美しかったです。
おばあちゃんの暮らしがとても心地が良さそうなんですね。
野イチゴのジャムを作ったり、シーツにラベンダーの香をつけたり、
丁寧な暮らしがそりゃもうステキなんですな。
ターシャの世界ですがね。あぁ、イギリス行きたい。
それはさておき。原作のイメージを壊さず、ストーーリーもそのままだったので
原作ファンも安心して見られるんではないでしょうか。
んがしかし!
主役の女の子がどう見てもクウォーターには見えません!!
日本人顔というか、どちらかというとアジア系の
顔立ちなので、若干違和感が・・・。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

【2008/06/06 22:57 】 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
有吉玉青 『車掌さんの恋』 講談社
車掌さんの恋 (講談社文庫 あ 97-2)車掌さんの恋 (講談社文庫 あ 97-2)
(2008/04/15)
有吉 玉青

商品詳細を見る

★★★☆☆
5編の電車にまつわる短編集。
なんですが、はて。
一番最後に収録されてる「あみだなの上」は
すごく良い味を出しているというか
味わい深い、余韻の残る一編なんですが、
最初の「車掌さんの恋」で若干つまづきまして・・・。
読みにくい文章というわけではないのですが、
あまり魅力的ではない文体なような。
長編に比べて短編は文章の巧さが
ダイレクトに伝わるので、そこでひっかかると
読むのが辛い気がします。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/06/05 23:38 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
雨宮 処凛 『ともだち刑』 講談社
ともだち刑 (講談社文庫 あ 95-2)ともだち刑 (講談社文庫 あ 95-2)
(2008/04/15)
雨宮 処凛

商品詳細を見る

★★★☆☆
きっとどこにでもあるだろうし、
今現在この状況に陥ってる子もいるんだろうなぁと
リアルに思える中学生の女の子たちの姿。
絶望的な閉塞感と圧倒的な孤独感。
空気を読むことに長けた者だけしか
生き残れない学校という閉ざされた空間。
ぬくぬくとは生きられない環境もあるんだって
実感させられる1冊。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/06/03 23:26 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
石持浅海 『セリヌンティウスの舟』 光文社文庫
セリヌンティウスの舟 (光文社文庫 い 35-4)セリヌンティウスの舟 (光文社文庫 い 35-4)
(2008/05/13)
石持浅海

商品詳細を見る

★★★☆☆
かつてダイビングで命を落としかけた仲間たち。
その時に培われた絆は彼らを強く結びつけていたはずなのに、
その中の一人が自殺してしまう。
彼女が選んだ方法は青酸カリを飲むというものだったが、
残されたメンバーは彼女の死に納得できないものを感じ、
真相を知ろうとするがー。
ううむ。
だいたいがセリフと海での描写だけで進んでいくので
どうにもこうにもなかだるみ感が。
それはまぁ、いたし方ないとして、
ドキドキするような謎の提供がないのは致命的ではないかと。
タイトルに結びつける状況もちょっと牽強付会。
謎を解いていく過程の論理は分かるんですが、んー。
盛り上がりにかけますなぁ。
もしかしたらネタバレになるかもしれませんので
ちょっくら色変えます。反転をば。

たとえどんな理由があれ、人を試そうとする行為は
あまり気持ちの良いものではなく、
個人的には嫌いなので自殺した子の意志に
反感を覚えました。
あと、この自殺の理由がどうにも・・・。
ラストもどうかと思います。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/06/02 20:54 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
吉村絵美留 『修復家だけが知る名画の真実』 青春出版社
修復家だけが知る名画の真実 (プレイブックス・インテリジェンス)修復家だけが知る名画の真実 (プレイブックス・インテリジェンス)
(2004/01)
吉村 絵美留

商品詳細を見る

★★★★☆
絵画の修復はどのような工程で行われるのか、
また修復の際にどのような発見があったのか、
自らの経験を元に分かりやすく書かれているので
大変興味深く読むことができました。
著者の絵画に対する愛情と
冷静な科学者としてのまなざしと、
あと若干の自慢がまぜこぜになって
絵画を身近に感じるのに最適な一冊となっております。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/06/01 22:22 】 | 新書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |