スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
しばらくお休みいたします!
すみません!
最近仕事が忙しすぎて
本を読む時間がサッパリありません。
今月中には落ち着くとおもうのですが、
しばらくブログの更新をお休みいたします。
4月からまた再開予定ですので
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2010/03/19 23:40 】 | ★ごあいさつ★ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
小川洋子 『猫を抱いて象と泳ぐ』 文藝春秋
猫を抱いて象と泳ぐ
4163277501

★★★★☆
少年が出会ったのはバスで暮らすマスター。
マスターからチェスの手ほどきを受け、
深遠なるチェスの世界へ身を委ねることに。
少年はリトル・アリョーヒンと呼ばれ、
着々と腕を磨くが・・・。
物語がすごく静か。ひっそりとしてるというか、
ひそやかというか、とても落ち着いた気持ちで
するすると読み進めていけます。
物語の奇想天外さに比べて、登場人物たちが
どこまでも謙虚。
チェスというゲームのもつ面白さや美しさなんかも
表現しながら、物語の面白さも勿論追求。
余韻の残る1冊。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/03/10 22:37 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
京極夏彦 『数えずの井戸』 中央公論
数えずの井戸
4120040909

★★★★☆
怪談の定番・皿屋敷を京極夏彦ならではの解釈で
新しく仕立て直した1冊。
皿屋敷といえば、播州皿屋敷と番町皿屋敷が有名なのでは。
全国各地に似たような言い伝えがあるというので、
おそらく何か元になった話があって、
とある一族によって全国に伝わったていうのを
永久保貴一の漫画で読んだ記憶があります。
あれも面白かったなぁ。
で、京極版皿屋敷。
視点と時間を少しづつ動かせて描かれる
鬱屈したそれぞれの想いとその結果。
登場人物たちの抱える闇というか、
問題がまぁ、暗くて深い。
物語に出てくる井戸のように底が知れないんですな。
淡々と静かに狂気を膨らませながら進むストーリーで、
けっこうボリュームのある本なんですが、
飽きさせません。うーむ。面白かった。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/03/07 23:51 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
篠田真由美 『龍の黙示録』 祥伝社文庫
龍の黙示録
4396331797

★★★☆☆
篠田真由美作なので、
何の疑問もなくミステリーだと思って読み始めたら、
最初から躓きました。
えぇー。まさかのファンタジーなのかと。
内容は、うーん。ライトノベル的なキャラクター設定と
ストーリーでどうってことはないような。
シリーズ物らしいのですが、今後読み進めることは
無いんじゃないかなぁ。うーん。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/03/05 22:43 】 | ファンタジー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『サマーウォーズ』
サマーウォーズ [Blu-ray]
B002M3UEP4

★★★★☆
予約してたサマーウォーズのブルーレイ版が届きました!!!
早速見ました!いやー。やっぱり面白い。
初見のときにもっかい見に行こうかしらとか言ってますが、
たしかこの後3回くらい見に行きました。
何度見ても良いもんは良いんですな。
手元にあったらいつでも見れる。なんたる幸せ。
もしもまだご覧になってない方がいらっしゃったらぜひ。
ぜひぜひ一度見てください。ハマりますよ。
特典は名札とアートブックと映像特典ですな。
花札は小さい!これじゃあ安心して遊べないよ!
絶対無くす。紙質もそんなに良くないような。
アートブックはステキ。
ポストカードで欲しいなぁと思う絵柄がいっぱい。
映像特典はこれから見ます。
理一さんがいっぱいだと嬉しいなぁ。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/03/03 23:36 】 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
舞城王太郎 『ビッチマグネット』 新潮社
ビッチマグネット
4104580058

★★★☆☆
うーん。
ちょっと変わった家族小説かな。
真面目すぎるのかなんなのか若干きてるお姉ちゃんと
変な女ばっかに引っかかる弟君と、愛人作って出てった父親と
そんなあれやこれやに疲れた母上。
舞城王太郎っぽい文体ではあるものの、
スピード感とか、エネルギーのほとばしりみたいなのが
少ないかなぁ。
内省ばっかしてるお姉ちゃんのキャラクターが
もっとぶっとんでたら面白かったかもしれないのに。
うーん。微妙。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/03/02 21:32 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バレンタインデー
バレンタインデー
監督:ゲイリー・マーシャル
脚本:キャサリン・ファゲイト
バレンタイン当日の恋人達を描いた群像劇。
それぞれ色んな想いを抱えてむかえたその日。
恋人にプロポーズをしようとしている青年、
学校一の美女に花を送ろうとする少年、
恋人に隠れて副業に励む女性、
アンチバレンタインのパーティーを開こうとするその友人、
長年連れ添った夫婦、
などなど。
たくさんの登場人物が現れるのですが、それが少しづつリンクしてて
あ!こんな関係が!と驚かされます。
愛は素晴らしい、恋せよ乙女!!
みたいなノリだけじゃないので
笑って楽しめる映画。
これ、もしかして本国ではギャグ映画として
捉えられてんじゃないかしらと思うくらい、
笑いどころが多かったです。
エンディングロールでオマケ画像もあるので
最後まで席をお立ちにならぬように!

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/03/01 22:17 】 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |