ウンベルト・エーコー 『薔薇の名前』 上巻 東京創元社
薔薇の名前〈上〉
ウンベルト エーコ 河島 英昭
4488013511

★★★☆☆
これはすごい。頁をめくるたびに眠たくなる。
文章から立ち上る睡魔との闘いでした。
8割くらい負けて寝こけてしまいましたよ。
上巻読み切るのにえらい時間がかかりました。
中世イタリアの修道院を舞台に起こる連続殺人。
ウイリアムはアドソとともにその殺人の謎をおうが・・・。
ミステリーというより、なにやら宗教小説やら歴史小説やらの部分が
強いうえに、文章にクセがある。
クセというか、難解さというか、なにがなにやらというか、
予備知識なしに読む人にむけての親切心は皆無なので、
覚悟を決めて読めなきゃいかん一冊。
これ下巻で面白くなるのかなぁ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/27 20:01 】 | ミステリー | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
特攻野郎Aチーム
特攻野郎Aチーム
監督・脚本:ジョー・カーナハン
主演:リーアム・ニーソン

「作戦は奇をもってよしとすべし」というスミス大佐が率いるのは
フェイスと呼ばれるプレイボーイ、
精神病を患う天才パイロット・マードック
メカニックの天才・B・A
この4人が4人ともスゴイんです。もう無茶苦茶。
スミス大佐の作戦が無茶しすぎだけれど、
それをこなす3人がまたスゴイ。
めっちゃ笑いました。
戦車のシーンとかもう笑い死にするかと思いました。
マードックの登場シーンや
BAが注射打たれるとことか、もうほんとに面白かった。
カット割が早かったので、途中何が何やらな
ところや、銃撃戦が中だるみかなぁってところが
なきにしもあらずでしたが、
なんにも考えなくて見れる素敵なおバカ映画でした。
こういうの好きだ。
予告で流れてたエクスペンダブルズが気になる。
シュワちゃん出てるって!!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/08/25 23:47 】 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
野沢尚 『恋人よ 下巻』 幻冬舎
恋人よ〈下〉 (幻冬舎文庫)
野沢 尚
4344401204

★★★☆☆
なんか予想通りの展開でした。
都合の良い偶然が多すぎることも、
登場人物たちの恋模様がめんどくさすぎることも、
誰にも感情移入できないこともさておいて、
物語があんまりにもあんまりな
お約束的な進み方をするので
もう、なんだか食傷。
やっぱり私恋愛小説向いてない。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/24 19:16 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
野沢尚 『恋人よ』 幻冬舎
恋人よ〈上〉 (幻冬舎文庫)
野沢 尚
4344401190

★★★☆☆
結婚式当日にも関わらず旦那になる遼太郎を愛しきれない愛永。
結婚式当日に粧子お腹の子が自分の子ではないかもしれないと告げられた航平。
そんな2人が出会い恋に落ちるが、遼太郎と粧子も過去に恋人同士だったことがあり、
さらに航平の隣に引っ越してきた遼太郎と愛永。
4人の微妙なバランスの生活が始まる。
4人だけじゃなくて、彼らをそれぞれ好きだという人々も描かれて
もうなにがなにやら。
ドラマみたい!って思ったらドラマ化されてるんですね。
いろんなもの詰め合わせてあって若干お腹いっぱい感が。
後半の展開にもよりますが、愛永が病死したらもう
なんか言葉もない。
私やっぱり恋愛小説向いてないなぁ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/20 23:26 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
清水玲子 『秘密 8巻』 白泉社
秘密(トップ・シークレット) 8 (ジェッツコミックス)
清水 玲子
4592145380

★★★★☆
地震のあった日に起こった3人の人死に。
彼らはどうして死んだのか?彼らの死に
関連性はあるのか?という事件をベースに
新キャラ登場やら第九のこれからやらが
描かれてゆきます。
が!!!
そんなことより!
薪さんのかっこよさですよ。
薪さんメール使うんだ!!
確実に保護する自信がある。
だってかっちょよいんだもの。
ものすごい早い段階で犯人の目星付けちゃうし、
制服似合うし。
はー!かっちょえぇ!

テーマ:まんが - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/09 20:49 】 | コミック | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今野敏 『リオ』 新潮社
リオ―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)
今野 敏
4101321515

★★★☆☆
毎週火曜日に起こる殺人事件。
事件現場で目撃された一人の美しい少女。
状況から彼女が犯人だと思われるが、
樋口はその少女が殺人をおかしたと思いきれずにいた。
事件を追う刑事たちを描いた警察小説。
すんげぇたどたどしい会話文と
いまいちのりきれない文章で
ちょっと読むのがしんどかったかな。
物語の展開も特に起伏もなく。
うーん。微妙。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2010/08/06 23:32 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |