北山 猛邦 『瑠璃城殺人事件』 講談社
『瑠璃城』殺人事件 (講談社文庫)
北山 猛邦
4062759969

★★☆☆☆
わあ!これはひどい。
1989年の日本最果ての図書館で起こった密室殺人、
1243年のフランス、1916年のドイツ、
それぞれの時代、それぞれの国で起こった
不可思議な殺人。繰り返される因果。
生まれ変わりながら殺しあう恋人達・・・。
ということなんですが、
生まれ変わりがナチュラルに設定されてるってどうよ?
そんでもって物理トリックのバカバカしさ。
なにこれギャグ?バカミス?
なんにせよ二度と読むことのない作家さんな気がします。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2010/11/26 23:02 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
G・ガルシア=マルケス 『百年の孤独』  新潮社
百年の孤独
G. ガルシア=マルケス Gabriel Garc´ia M´arques
4105090089

★★★★☆
南米のマコンド村。村を開拓したブエンティア家の一族の
隆盛と衰退を村の移り変わりとともに描いた傑作。
何が傑作って現実と非現実のあわいが非常にあいまいで、
それでいてそれに違和感を感じさせないところ。
どこまでが事実で、どこまでが空想なのか、
繰り返すかのように見えるブエンティア家の営み。
少ない心理描写と数多のエピソード。
他の作家なら10ページの間に1冊書けそうなくらいの
盛り込みっぷりです。
けっこうボリュームのある本なんですが、
びっくりするくらい読みやすいです。
一族の歴史だけあって、名前がみんな似通ってるので
後半若干こんがらがって人物相関図とにらめっこしてしまいました。
南米の歴史に通じていればさらに楽しめたかも。
読書の秋にぴったりな1冊です。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/11/22 20:25 】 | 外文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
柴田 宵曲 『明治の話題』 筑摩学芸文庫
明治の話題 (ちくま学芸文庫)
柴田 宵曲
4480090363

★★★☆☆
タイトル通り、明治の話題あれやこれや。
著名な文学人や政治家たちや
その頃活躍してた色んな人たちが登場して、
明治の空気を伝えてくれます。
明治の市井の人々がどのようにして生きたのか、
というよりはどのような暮らしをしていたのかを
垣間見れて、なんだかタイムスリップしたみたいな気分に。
しかし著者の膨大な知識には驚かされます。
なんでこんなに覚えてられるんだろう。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/11/14 23:28 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
水木しげる 『水木さんの幸福論』 角川文庫
水木サンの幸福論 (角川文庫)
水木 しげる
4041929199

★★★★☆
水木しげるが幸福や自伝について書いた本です。
すごく読みやすくて、威張らないというか気さくというか
なんだかお人柄がにじみ出るような
良い文章なんですな。
御兄弟と語られた昔の話や家族の話、
さらにケンカの話を書いたマンガも載ってて
すんごいイキイキしてるんです。
面白かったー。
ただ、これ怖い事がありまして。
私、2007年にどうやら読んでるみたいなんですよねこれ。
読み終わっても全然気づきませんでした。
今までは読み始めてあれ?これ読んだことあるような??
って思ってたのに、今回は読み終わっても気づかずに、
ブログに書くにあたって初めてあれ?これもしかして???って
なったんですよ。なんか自分の脳みそが心配でたまりません。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2010/11/10 21:13 】 | 妖怪 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
福谷修 『心霊写真部』 竹書房文庫
心霊写真部 (竹書房文庫)
福谷 修
4812440521

★★★★☆
うひー。写真が文中に入るだけでなんで
こんなに怖くなるんでしょ。
読者モデルを務める佳夕は夏休み企画の
心霊写真のコーナーを手伝うことに。
編集部に送られてきた写真の中に送り主も説明も
ない奇妙な写真があった。
明らかないたずらや勘違いではないその写真が
どこでどうして撮られたものか確かめるために
佳夕と企画を立ち上げた新人編集者の南は
その写真が撮られたとおぼしき元へ向かう。
と、いうことで、七編入ってるんですが、
どれもが編集部に送られてきた心霊写真を元に
佳夕と南がその原因を突き止めるって話です。
途中連続殺人犯の話なんかも入ってきて
怖いだけじゃなくて、サスペンス風味も出ております。
ていうか写真がほんとに怖かった。
こういう素材の使い方は面白い。
続編は出てないようですが、これだけでも十分怖かったです。
【2010/11/07 20:57 】 | ホラー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
シリコン型で簡単!おうちで毎日焼きドーナツ
シリコン製ドーナツ型つき シリコン型で簡単!おうちで毎日焼きドーナツ
まちやま ちほ
4099415716

★★★★☆
シリコン型のついてるドーナツレシピ集です♪
最近、私、余熱の使い方をマスターしましたので、
ちょこちょこお菓子作りに励んでおります。
で、このドーナツなのですが、
油で揚げないタイプで、オーブンで作れちゃうんですな。
レシピもすんごい簡単だったので1時間あれば
ちょちょいと作れちゃえます。
冷めるの待たないで型から外したので
若干型に残っちゃいました。
次回はちゃんと冷めるの待とうと思います。
で、レシピも色々載っててやる気が出ちゃいます。
普通のドーナツよりローカロリーでヘルシー。
甘いものだけじゃなくて、ランチやおつまみになるような
レシピも紹介されてるので、ドーナツの可能性が広がります!
素材もホットケーキミックスを使うので
粉をふるう手間とかもかからなかったです。
バターとか砂糖とかプレーンヨーグルトとか、
家にあるもので作れるのも嬉しいです。買い物いらずでした。

テーマ:料理の本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/11/06 20:05 】 | 趣味 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ふじしろやまと 『Sの紋章』 講談社文庫
Sの紋章 読者参加型犯人当てミステリー
ふじしろ やまと
4062166186

★★★★☆
読者参加型ミステリーの第二弾です。
前回もサッパリわかりませんでしたが、
今回もサッパリわかりません。
ええええ。なにこれどういうこと?!って思いながら
最後まで進んでしまいました。
もっかい読み直さなくちゃいけない気がぷんぷんします。
なんとなく入れ替えトリックな感じがしますが、
はてはて?
詳しい本の情報は講談社さんのサイトからどうぞ!
ミステリ好きは必読の1冊ですぞ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2010/11/05 19:03 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
セオドア・グレイ 『世界で一番美しい元素図鑑』 創元社
世界で一番美しい元素図鑑
セオドア・グレイ 若林文高
4422420046

★★★★★
や。ほんとうに美しいです。溜息出ちゃいます。
元素ってこんなに美しいものなのか!!!
写真もとっても素敵なんですが、
解説文がユーモアたっぷりですんごい読みやすいんです。
元素に詳しくなくても全然楽しめます。
っていうかこれ、集めちゃダメなのも入ってる気がするんですが
気のせいでしょうか。
ウランとかけっこうデンジャラスなんじゃ・・・。
ま、そんな細かい事は気にせずに元素の美しさの
虜になろうではありませんか。
いや、ほんとに美しい。元素ばんざい。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

【2010/11/03 21:40 】 | おススメ! | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ナイト&デイ
『ナイト&デイ』
監督:ジェームス・マンゴールド
主演:トム・クルーズ キャメロン・ディアス

ジューンは妹の結婚式に出席するために空港に向かっていた。
そこで知り合ったロイと名乗る男性。
ロイはジューンが化粧直しに行っている間に
飛行機内の刺客達をばったばったとなぎ倒し、
あげくのはてにパイロットまで殺してしまう!
無事不時着できたものの、
ジューンはその後もロイと行動を共にすることに。
すんごい面白かったですー。
テンポよく話が進むし、
飛ばすところは思いっきり飛ばすし、
ただのアクション映画ではなくて、
アクションラブコメディーで、コメディー要素強目でした!
笑いどころ満載。ジューンが薬盛られるとことか要チェック。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/11/02 01:32 】 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |