ムーミンのちいさなえほんばこ 徳間書店
ムーミンのちいさなえほんばこ
トーベ&ラルス・ヤンソン
4198630119

★★★☆☆
お・・・思わず買っちゃった。
特に何が良いってことはないんです。
ムーミンとフローレンとムーミンパパとムーミンママの
自己紹介の本なんですが、
かたちが正方形で、なんかころんとして
かわいらしいんです。
絵も日本のアニメのかわいらしい絵じゃなくって
トーベ・ヤンソンのちょっとクールで
ステキな絵なのです。

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2011/03/07 23:11 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
一個人 2011年4月号
一個人 (いっこじん) 2011年 04月号 [雑誌]
B004MATYZG

今月の一個人は博物館特集!
博物館大好きなんです。
色々詰まってる。夢とか希望も含めて!
ブンダーカンマーのを以前読みましたが、
そういや博物館の前身なんですよね。
見た事のないものを、知らないものを、
誰もが驚くようなものを、その全てを。
知力や財力、それに情熱をかけて集められたそれぞれの品。
さあ!博物館にでかけて、その情熱のかけらに
触れようじゃないかっていう気になります。
ちなみに先月(仏陀の言葉)と先々月(日本の神様)の
特集も面白かったです。一個人ばんざい。

テーマ:雑誌(既刊~新創刊) - ジャンル:本・雑誌

【2011/03/06 23:26 】 | 雑誌 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
清水玲子 『秘密 9』 白泉社
秘密(トップ・シークレット) 9 (ジェッツコミックス)
清水 玲子
4592145399

★★★★☆
ひゃああああ。秘密の最新刊読んだんですが、
どえらい展開になっております。
冒頭から挟みこまれる血まみれのリビングとシャワー室。
一体、誰の身に降りかかった悲劇なのか?
とどぎまぎしながら読みましたが、その血が
誰のものか分かった時は衝撃の一言。
これはあんまりだ。
私的な悲劇と公的な立場の職種との葛藤やら
薪さんの過去やら、新しい事件やらもりだくさんで
すぐにでも続きが気になるわけです。
ううう。これちゃんとハッピーエンドで終わるのかしら。
そろそろ完結しそうな雰囲気が出て来たのだけれど。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2011/03/05 20:24 】 | コミック | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |