三浦しをん 『夢のような幸福』 新潮文庫
夢のような幸福 (新潮文庫)
夢のような幸福 (新潮文庫)三浦 しをん

新潮社 2008-02
売り上げランキング : 172313


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
毎度のことながら三浦しをんのエッセイを読むと
すごく親近感と安心感がわきます。
直木賞作家というのが若干信じられないくらい
あけっぴろげで、そこまで書いて
大丈夫なのかと少々心配してしまいます。
余計なお世話でありますが!
オタク気質なとこや愉快な友人たちとのやりとりや
面白話てんこもりです。
文章のリズムが良いのとノリツッコミのテンポが良いのと
あとやっぱり鋭いのとで今回もすごく笑いました!

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2012/02/09 22:03 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
蘇部健一 『古い腕時計』 徳間書店
古い腕時計 きのう逢えたら・・・
古い腕時計 きのう逢えたら・・・蘇部健一

徳間書店 2011-10-15
売り上げランキング : 256939


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
おお。蘇部健一がバカミス以外を書いてる!!!
と、いうことで読んでみたんですが、
うーん???
不思議な腕時計で過去に帰り、
不本意な今日を変えるお話なんですが
ありきたりというかなんというか
意外性がないというか。
この本を書いたのが蘇部健一っていうのが
一番意外。
連作短編になってたのはうまいなぁと思ったんですが、
ううむ。惜しい。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2012/02/08 21:57 】 | SF | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
中山七里 『贖罪の奏鳴曲』 講談社
贖罪の奏鳴曲
贖罪の奏鳴曲中山 七里

講談社 2011-12-22
売り上げランキング : 19505


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
冒頭に語られるのは弁護士の御子柴が起こす死体遺棄。
はたして彼が殺したのかー。
そして彼がかつて起こした事件と
現在抱える保険金目当てとされる殺人事件。
ミステリーなんですが、謎解きだけでは無くて
罪と罰と贖罪とが問われるのです。
罪ははたして贖われることができるのか。
御子柴の願いとはー。
いやー。面白かったです!
最初御子柴の嫌な奴っぷりが鼻についたんですが
読み進めていくうちにただ嫌な奴ってわけじゃないことが
分かって、そんでもって彼がかつて起こした事件と
それにどう向き合ってきたのかが
分かってきてもう!
法廷シーンもスリリングで面白かったので
今度は法廷ミステリを書いて欲しいです!

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2012/02/07 21:57 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |