FC2ブログ

京極夏彦 『陰摩羅鬼の瑕』 講談社

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)
(2003/08/09)
京極 夏彦

商品詳細を見る

★★★★☆
鳥の城で起こる連続?殺人事件。
主である伯爵の婚礼のたびに花嫁が殺される。
依頼を受けた榎木津と巻き込まれた関口は
鳥の城に赴くがー。
意外な!関口君が微妙に役に立ってる場面がある!!
これはスゴイ。まぁ、基本的にぐだぐだになってるんですが。
多分早い段階で真相というか犯人は分かると思うんです。
ただ、その理由が哀しすぎます。
んで、私の理解力が足りてないのか、
またしても何かを読み飛ばしたのか
よくわかんないところが一点。
ネタバレになりますので反転。

伯爵が家を継ぐ前は父親と一緒に暮らしていたんですよね?
父親のことは家族じゃなかったのかしら?
家族ってのが全て剥製なら、自分も剥製でなくちゃおかしいじゃないですか。
長子っていっても家族なような。その認識すらも違っているのかしら。
うーん。よくわかんないけど、決して読み返しません。
だってすごい時間かかるんだもの。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。