FC2ブログ

京極夏彦 『数えずの井戸』 中央公論

数えずの井戸
4120040909

★★★★☆
怪談の定番・皿屋敷を京極夏彦ならではの解釈で
新しく仕立て直した1冊。
皿屋敷といえば、播州皿屋敷と番町皿屋敷が有名なのでは。
全国各地に似たような言い伝えがあるというので、
おそらく何か元になった話があって、
とある一族によって全国に伝わったていうのを
永久保貴一の漫画で読んだ記憶があります。
あれも面白かったなぁ。
で、京極版皿屋敷。
視点と時間を少しづつ動かせて描かれる
鬱屈したそれぞれの想いとその結果。
登場人物たちの抱える闇というか、
問題がまぁ、暗くて深い。
物語に出てくる井戸のように底が知れないんですな。
淡々と静かに狂気を膨らませながら進むストーリーで、
けっこうボリュームのある本なんですが、
飽きさせません。うーむ。面白かった。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。