桐野夏生 『緑の毒』 角川書店
緑の毒
桐野 夏生
4048742353

★★☆☆☆
妻が浮気をしているということを知り、
嫉妬心を抱きながらも他の女性にその
感情をぶつける川辺。
レイプというその犯罪に巻き込まれた女性たち。
川辺と被害者、周囲の人間の視点が様々に入れ替わり
徐々に追いつめられる川辺の様子が描かれます。
読んでるうちに禍々しい毒がまわってきそうな
すごく嫌な感じがします。
桐野夏生ならではの人間のほの暗い感情が
うまく描かれるんですが、
ラスト、だからどうした?!というような、
なんだかとっても中途半端な終わり方でした。
うーん。買って読むほどじゃないかもしれません。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2011/09/20 11:32 】 | ミステリー | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<今村夏子 『こちらあみ子』 筑摩書房  | ホーム | 百田尚樹 『幸福な生活』 祥伝社>>
コメント
お、久しぶりに何事もなかったかのように更新しとるな。元気?
今年のエンタメは「ジェノサイド」で決まりやで。読んだ?
【2011/09/30 23:10】 | URL | はかた #-[ 編集] | page top↑
うはははは。元気。
『ジェノサイド』読んだ!更新する。
でも『下町ロケット』のが面白かった。
【2011/10/04 20:04】 | URL | ぴよった #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/1253-91bcf1a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |