スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門井慶喜 『東京帝大叡古教授』 小学館

東京帝大叡古教授 (小学館文庫)

新品価格
¥832から
(2016/6/8 15:39時点)



内容紹介より
「日本初! 文系の天才博士が事件を解決!
物語の主人公・宇野辺叡古(うのべえーこ)は、東京帝国大学法科大学の教授である。大著『日本政治史之研究』で知られる彼は、法律・政治などの社会科学にとどまらず、語学・文学・史学など人文科学にも通じる”知の巨人”である。
その知の巨人が、連続殺人事件に遭遇する。
時代は明治。殺されたのは帝大の教授たち。事件の背景には、生まれたばかりの近代国家「日本」が抱えた悩ましい政治の火種があった。
★★★☆☆
ミステリー部分もさることながら、
登場人物が生き生きと描かれていて、しかもそれが現実に生きた
人物だったということに驚き!
時代の雰囲気のリアルなこと!もちろんその時代に生まれてないから
わからないけれど、でもきっとこんな時代の空気だったんだろうなってのが
伝わってきました。分からないところもいっぱいあったんで
グーグル先生に頼りながら読みました。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。