スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山彰良 『罪の終わり』 新潮社

罪の終わり

新品価格
¥1,620から
(2016/6/9 15:50時点)



内容紹介より
小惑星衝突後の世界。恐怖や暴力が蔓延し、他人を信じることも難しい。罪だけ増え続けていた。そこに彼は降り立つ。価値観を破壊し、悩める者を救済する。数々の奇跡、圧倒的な力。誰もが知りたがった。後世、神とよばれた男の人生は、どんなものだったのか――。
★★☆☆☆
うーん?小惑星追突後の世界では人肉食が横行していた。
人が人を食べるという悪魔的な行為を正当化した黒騎士と呼ばれる男の一生。
なんですがうーん。全体的にバイオレンスで価値観や宗教観が独特。
もちろんそれが良いという人もいるのだろうけれど、
感情移入できる登場人物がいなくって唸りながら読みました。
残念ながら私には合わなかったです。『流』が気になってたけど
どうしようかなと考え中。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。