柚木麻子 『3時のアッコちゃん』 双葉社

3時のアッコちゃん

新品価格
¥1,188から
(2016/7/20 12:42時点)



内容紹介より
アッコ女史ふたたび! 大人気の「ランチのアッコちゃん」に、待望の続編が登場!!
澤田三智子は高潮物産の契約社員として、
シャンパンのキャンペーン企画チームに入っているが、会議は停滞してうまくいかない。
そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしのアッコさんであった。
イギリスでティーについて学んできたというアッコさんが、お茶とお菓子で会議の進行を激変させていく。
またもやアッコさんの底知れぬ力をまざまざと見せつけられる三智子であった――
表題作ほか、「メトロのアッコちゃん」「シュシュと猪」「梅田駅アンダーワールド」を含む全4編。

★★★★☆
秋の夜長にお茶を飲みながら読みたい一冊。
心がくじけそうになった時に本当に必要なのは何か。
まっすぐに向かってきてくれるアッコちゃんの姿に惚れ惚れ!
そして出てくるお茶のなんて美味しそうなこと!
キラキラと楽しい読書時間を過ごせました♩
そして今更ながら気づいたんですが、
このシリーズ、ランチ→3時→幹事ってタイトル全部
韻を踏んでたんですね−!

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2016/07/20 12:46 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<阿部智里 『玉依姫』 文藝春秋 | ホーム | 乾石智子 『竜鏡の占人』 東京創元社>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/1381-ee71b751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |