薬丸岳 『ラストナイト』 実業之日本社

ラストナイト

新品価格
¥1,620から
(2016/7/22 07:15時点)



内容紹介より
顔には刺青、左手は義手。
菊池正弘が営む居酒屋「菊屋」に、古い友人で
刑務所を出所したばかりの片桐達夫が現れた。
かつてこの店で傷害事件を起こしてから、
自身の妻とも離婚し、32年もの間に何度も犯罪に手を染めてきた男だ。
獣のような雰囲気は人を怯えさせ、
刺青に隠された表情からは本心が全くつかめない――。
何故、彼は罪を重ねるのか?

★★★★☆
片桐さんがどうしても悪い人に思えなくって、
だからずっと「動機」が知りたいと思いながら読んでたんですが
本人の心理描写が一切なくってやきもき!
でも、周囲の人々から立ち上る姿とその過去にやっぱり
そんなに悪い人には思えない。
だからこそ片桐さんの動機が分かった時の衝撃!!
その人生の賭し方に涙。いやー面白かった!

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2016/07/22 07:22 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<野島伸司 『自殺志願』 小学館 | ホーム | 阿部智里 『玉依姫』 文藝春秋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/1383-8f493679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |