秋川滝美 『幸腹な百貨店』 講談社

幸腹な百貨店

新品価格
¥1,404から
(2016/7/29 10:46時点)



内容紹介より
店長をしていた堀内百貨店に事業部長として再び関わることとなった高橋伝治だが、
売り上げは激減し、閉店の危機にあることがわかる。
時代と部下のせいにする店長に、「気合い」の足りない店員たち。
伝治はバブル時代に培ったグルメぶりを発揮し、
若い店員たちと、おいしいお店で互いの理解に努めるのだが……

★★★★★
読みやすかったし、共感できるし、読み終わって
よーし頑張ろうって、前向きな気持ちになるし、
めっちゃ良かった!!
売り上げを上げるって簡単なコトじゃないけど、
何もやらないより何でもやってみようとするその姿勢は見習わなくちゃならん!と
思いました。
出てくる食べ物も美味しそうで良かったー!
小売業についてる方に特にオススメ!

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

【2016/07/28 21:57 】 | おススメ! | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<菊池幸見 『走れ、健次郎』 祥伝社 | ホーム | 上橋菜穂子 『鹿の王』 角川書店>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/1386-a6ac9f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |