菊池幸見 『走れ、健次郎』 祥伝社

走れ、健次郎

新品価格
¥1,598から
(2016/7/29 10:49時点)



内容紹介より
このレースはどこかおかしい、何かが違う――
先頭集団が五キロのチェックポイントを通過したとき、地方局アナウンサー桜井剛は奇妙なことに気がついた。 盛岡初の国際マラソン大会。 スタートから男がずっと走っているのだ、沿道を。しかもトップについて! たった一人、誰の声援も受けず、なぜ彼は走り続けるのか? 実況が成功すれば、キー局への移籍も夢ではない桜井は男の存在を無視するが……。 快調にレースを引っ張るマラソン界のエース、大会を後援する大手スポーツメーカー社員、アナウンサーの妻、多くの人たちの想いが、謎のランナーに絡まっていく。 熾烈なレースの行方は? そして男のゴールとは?
やがてその走りは、観る人の心を変えていった――。爽快マラソン小説誕生!

★★★★☆
めっちゃ爽やか!!!なんていうか一陣の風を感じた気分。
まずはマラソンにかける様々な立場の様々な熱い想いに胸を打たれ
寡黙に、ひたむきに走るランナー達の戦い、そして
健次郎の走りに胸を打たれました。
素晴らしく良い読後感に感動。
読み逃すのは勿体無い!

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2016/07/29 10:53 】 | 日文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『挫折を経て、猫は丸くなった』 新潮社 | ホーム | 秋川滝美 『幸腹な百貨店』 講談社>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/1387-08575aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |