スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹本稜平 『分水嶺』 祥伝社

分水嶺

新品価格
¥1,836から
(2016/8/3 19:18時点)



内容紹介より
風間健介は急逝した父の遺志を継ぎ、広告カメラマンから山岳写真家へと転身した。父の愛した厳冬の大雪山で撮影中、風間は絶滅したはずのオオカミを探す田沢保と出会う。十数年前、遭難の危機をオオカミに救われたという。さらに、彼が亡き父を尊敬していたこと、そして、大規模リゾート開発に絡んだ殺人犯だということを知る。風間は田沢と行動をともにするうちに彼の冤罪を信じた…。

★★★★☆
笹本さんの本はいつでも人生とは何か、
生きるということはどういうことなのかを深く考えさせられます。
決して説教口調ではなく、登場人物の生き方を見て、
自分の有り様を振り返って、あれ?このままでいいのかな?
と、立ち止まる時間をくれるような。

北海道の雄大で寡黙な山と絶滅したといわれているオオカミ、
そして自然の摂理をもはや思い出せなくなってしまった人。

冤罪なのに、それを受け入れ、己のなすべきことに
ただひたすらに邁進する田沢の姿が孤高で尊くって!!!

良いもの読みました。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。