嶺里俊介 『星宿る虫』 光文社

星宿る虫

新品価格
¥1,620から
(2016/8/5 06:50時点)




内容紹介より
人を中から喰らう虫の群れ。第19回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
宗教団体施設で発見された死体は、どれも内部から未知の虫に喰われていた。
遺体周辺に流れる讃美歌。発光し空へ向かう虫の列。何がこの日本で始まる?
息つかせぬ展開。息を呑むシーン。
綾辻行人氏、あさのあつこ氏等選考委員を虜にした超魅力作!

★★★☆☆
日本ミステリー文学大賞ってことですが、純粋なミステリーじゃないような。
SFホラーサスペンスあたりの要素も多いです。
若干雑さというか、荒さというか、著者の年齢の高さを感じる部分が
ちらほらあったんですが、そこに目をつぶれば面白かったです!
最後がすごく良かった!途中で何となく予想できた結果ではあったんですが、
でもすごくすっきり!SFホラーの復興を目指して欲しいです。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2016/08/05 10:51 】 | ミステリー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<雫井脩介 『検察側の罪人』 文藝春秋 | ホーム | 有間カオル 『ボタニカル』 一迅社 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/1391-fc775ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |