ガブリエル ゼヴィン 『書店主フィクリーの物語』 早川書房

書店主フィクリーのものがたり

新品価格
¥1,836から
(2017/9/29 00:48時点)




★★☆☆☆

うーん?評判が良かったので読んでみたのですが私には微妙でした。残念。
妻を亡くし、偏屈な男になっていたフィクリー。
彼の経営する書店に放置された赤子のマヤ。
フィクリーはマヤを通じて少しづつ人間味を取り戻す的な話なんですが、
そもそもフィクリーが最初からマヤと結構仲良しで
そこに偏屈さのかけらがイマイチ見えない。
淡々と物語が進んで淡々と終わる。
本への言及があちらこちらにあるので分かる人には分かるのかな。
残念ながらほとんど読んだことのない本ばかりで、それらがこの物語にどう影響を
与えてるんだかいないんだかさっぱり。
これはもしかして単に私の知識不足からくる面白くなさなのかしら。
ただ、すごく良かったのは、訳注がないこと!あとがきにも訳注をつけるかどうか迷ったってことが
書かれてたけど無くて正解。訳注ほどゲンナリするものは無いと最近思ったところなので。
つい先日読んだ本は訳者が知識をひけらかしたいのか何なのか
ことあるごとに注釈が出てきて大変読みにくかった!
読書てなんて個人的なものなんだから、
分かる人には分かるってのでいいじゃないかと思うんだけど。
その本が面白いなら分からなくてもそれなりに楽しめるはずだから。
もちろん分かる人にはより深く楽しめる。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2017/09/29 01:05 】 | 外文 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<中室牧子 『学力の経済学』 ディスカバー21 | ホーム | 恩田陸 『失われた地図』 角川書店>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/1398-8a7d2f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |