FC2ブログ

香坂直 『トモ、ぼくは元気です』

トモ、ぼくは元気です トモ、ぼくは元気です
香坂 直 (2006/08/24)
講談社
この商品の詳細を見る

★★★★★
小学6年生のカズキ。
障害児の兄、トモキに対する確執から
衝動的に家の中を壊してしまい、夏休みの間父の実家である
「バーバーまつもと」で暮らすことになる。
今出里一丁目商店街、通称いまいち商店街にある
そのお店の向かいには和菓子屋・「大富屋」がある。
大富屋の三姉妹、夏美、千夏、桃花と共に
いまいち商店街のライバル、ニコニコ商店との
金魚すくい対決、伝統の一戦のために練習を重ねることに・・・。
や。すごく良かった!
カズキのトモキに対する複雑な感情や
両親からの期待に応えようと必死で良い子のフリをしていたけれど
限界を感じたり重荷に思えたりしてくるところとか、
自分の中にある目をそむけたくなる感情やらが
すごくよく伝わっきて一緒にイライラしたり感情的になったり、
泣けたりしてしまいました。
カズキだけじゃなくて、大富屋の3姉妹もそれぞれ
魅力的で、夏美の優しさや明るさ、千夏のしっかりした強さ、
桃花の爛漫さもグッときます。
カズキが逃避所を求めて塾へ通うのですが、
そこに出てくるタクの鬱屈とかリアリティーがあるし、
商店街の面々の楽しさや和気藹々とした
人情的なところとかもすごく良かった。
いやー良いもの読みました。
おススメです。

Comment

よかったですね~。
表紙だけでつい買ってしまった本ですが、
内容はそれ以上によかったと思います。
和樹の心の変化が嬉しかったです。

うんうん。グッとくる1冊でした。
『走れ、セナ!』というのも書かれてるようなので、ぜひぜひ読まねばと思っております。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トモ、ぼくは元気です     ~香坂 直~

小学生最後の夏休み。兄トモのことで、家を壊してしまった僕は、大阪の祖父母の家に預けられた。そんな僕の前にコテコテの大阪弁を話す双子の姉妹が現れて--。すごいよかった。小学6年生の和樹には知的障が
プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。