FC2ブログ

坂本純 『ぼくのフェラーリ』

ぼくのフェラーリ ぼくのフェラーリ
坂元 純 (2006/07/12)
講談社
この商品の詳細を見る

★★★☆☆
12才の和也がおばあちゃんの遺品として贈られたのは
イタリアンレッドの美しい車・フェラーリ。
時価総額にして数千万!という高級車。
和也がなぜフェラーリを手に入れたかというと、
一年半前に起こった大騒動のせい。
そこで交わされた祖母との秘密。
和也がなんだかあっさりしすぎてる感じがしなくもないですが、
祖母と孫、祖母と祖父の若かりし頃の純情、
相続にまつわるちょっぴり大人の嫌な部分やらが
うまーく描かれてて、すいすい読めました。
講談社さんから最近出てる文庫は
児童書ジャンルからのものが多くて、
しかもけっこう質が良いものが多いので、
今後にも期待です。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。