FC2ブログ

デイヴィッド・マンセン 『フロイトの函』

フロイトの函 フロイトの函
デヴィッド マドセン (2006/09)
角川書店
この商品の詳細を見る

★★☆☆☆
汽車の中で目が覚めた「ぼく」は記憶を失っていて、
目の前にはフロイトと名乗る老人が座っていた。
催眠術で記憶を呼び起こそうとするが、
気がづくとなぜかブリーフ一枚の格好で・・・。
いや、もうわけわからん。
それでもなんとかラストまで読み進むと、
さらにわけわからん。
献辞のあとの3行の言葉だけでも
充分だったんじゃないかと思わせるくらい。
夢と現と夢の中の夢と、物語と、物語の中の物語と。
混乱しないほうがおかしいってなもんです。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。