FC2ブログ

三浦しをん 『まほろ駅前多田便利軒』

まほろ駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん (2006/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

★★★★☆
東京のはずれ、「まほろ」にある駅前。
そこで便利屋をしている多田の元に転がり込んできたのは
元クラスメートの行天。
便利屋家業を通じて出会う人々。
彼らを通じて向き合わねばならない過去。
多田も行天もどこか心に虚ろを抱えていて
読んでて辛くなったりするのですが、
それ以上にしんみりしちゃいます。
便利軒に持ち込まれる依頼も、
その奥にある心の持ちようもちょっと切なくて!
素直に面白い小説だなぁと思ったものの、
どうも行天のキャラが伊坂幸太郎の『重力ピエロ』の
春とかぶってしまって・・・。
名前が似てるからかなぁ。
あ。行天の下の名前は春彦といいます。
微妙に気になってしまってのめりこめませんでした。
惜しいなぁ。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。