FC2ブログ

埜田杳 『些末なおもいで』

些末なおもいで 些末なおもいで
埜田 杳 (2006/12)
角川書店
この商品の詳細を見る

★★★★☆
回想で描かれる一瞬の青春。
奇病に冒された友人との日々。
「私はこれから先何度も、おまえを想って泣くだろう。
自分を想って泣くだろう。
しかし私は、生きていくのだ。いつか自分が死ぬまで。」(P143)
ああ。なんだか良いですな。
哀しい別離があったとて、人は日々生きて、
そして忘れていくでしょう。
思い出だけを胸にしまって。もしかしたら心の奥底にしまいこんで。
病に冒された友人といってもお涙頂戴の物語ではなくて、
病気の進行の仕方や、その病気そのものの設定が独特。
作者の頭の中でその病にかかった人の絵だかイメージだかが
明確にあったんだと思う。
んでもってそのイメージはかなり美しかったんじゃないかしら。
若い作者さんだなぁと思わせる点がなきにしもあらずなのですが
なかなかに読める物語でした。

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。