風野潮 『森へようこそ』
森へようこそ 森へようこそ
風野 潮 (2006/11)
ジャイブ
この商品の詳細を見る

中国への勤務が決まった母と離れ、
離婚した父の元へ行くことになった美森。
そこには植物の声が聞こえるという弟・瑞穂が待っていた。
最初はそんな瑞穂にとまどう美森だったが・・・。
多分再生がテーマになってると思います。
家族の、兄弟の、学校の、樹木の、それぞれの再生。
たとえ一度壊れたものでも、直るものもあるんだよーっていう。
なんだか爽やかーな小説でした。
このピュアフル文庫なのですが、イマイチ知名度が低いんですが、
講談社文庫の児童書と同じくらい
質の良いもの出されてると思うんですよねぇ。
今まで出たの全部持ってたりします。
もうちょっと知られても良いんじゃないかなぁ。
【2007/01/09 20:29 】 | 青春小説 | コメント(3) | トラックバック(1) | page top↑
<<辻信太郎 『海のメルヘン』 | ホーム | チャールズ・シェフィールド 『マッカンドルー航宇記』>>
コメント
はじめまして☆
tomokoといいます。私もブログで読書日記をつけてますv-291
もしよければリンクさせていただいてもいいですかぁ??
【2007/01/10 11:47】 | URL | tomoko #/CsKs7ZA[ 編集] | page top↑
なんか爽やかそうな本ですね。読んだあとすっきりしそうv-14
残念ながら今まで知りませんでした。
【2007/01/10 19:19】 | URL | リラックマやん #-[ 編集] | page top↑
tomoko様
リンクフリーとなっておりますので
ご自由にどうぞー。
あぁ。でも私のブログなんかで良いのか
もう一度ちゃんと考えなおされたほうが良いと思うのですが大丈夫でしょうか。

リラックマやん様
こんちわ!ピュアフル文庫は良いものが
そろってるんですが、残念ながら本屋さんの棚にないことが多いのです。
中でもイチオシは「氷の海のガレオン」これ、すごく良いんですよ。ぜひぜひチェックしてみてくださいー!
【2007/01/10 20:14】 | URL | ぴよった #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/377-92a2d447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「森へようこそ」風野潮
海外勤務の母と別れて、大阪に行くことになった少女・美森。彼女が暮らすことになるのは、大阪郊外の「紅葉谷」と呼ばれる自然豊かな森の洋館だった。そこには両親の離婚後、一度も会っていなかった父親と、双... 粋な提案【2011/01/12 01:39】
| ホーム |