FC2ブログ

石川文康 『カント入門』

カント入門 カント入門
石川 文康 (1995/05)
筑摩書房
この商品の詳細を見る

★★★★☆
哲学ってなんて面白いんだろう。
分かりやすく書かれてはいるんだろうけれど
全くの素人が読むには中々難しくて、
久しぶりに本を読みながらメモを
とりましたよ。
同じとこも何回も読んだり。
理解するのに時間がかかりました。
まぁ、始めはこんなものさと開き直っておりますが。
カント入門ということで。
カント哲学と彼がその考えにいたったプロセスが
書かれております。
私が理解したところによると(大変怪しい)
相反する命題のペア、アンチノミーが
起こるのは弁証的理性によるもので、
より高い理性として批判的理性というものがある。
カントの言う4つのアンチノミーに関して
そもそも命題自体が矛盾が見受けられる。
一見それらしく見える、また理性で考えたものでありながらも
本当はそうではないもの、
つまりは仮象にすぎないのである。
仮象を批判するということが肝要である。
・・・ってなことを言ってると思うんですよ。
もう全然理解してなかったらすみません。
めっちゃ難しかったんですもん。
でも、面白いんですな。
時間や、世界、宗教、理性、
つきつめて思考されたそれらはそれだけで大変美しい。
世界が奥行きをもって見えてきます。
さ。他のにもチャレンジだ。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。