FC2ブログ

北山猛邦 『少年検閲官』

少年検閲官 少年検閲官
北山 猛邦 (2007/01/30)
東京創元社
この商品の詳細を見る

★★☆☆☆
書物が放逐された世界。
書物を所有してはならず、もし所有が発見されれば
1つの街ごと焼かれてしまうこともある世界。
活字というものがなく、全ての情報がラジオに
頼らざるを得ない。
書物がある可能性が高いということを
聞きつけたクリスははるか英国から
ひなびた日本の小さい町までやってくる。
その町で起こる奇妙な事件。
「探偵」と呼ばれる人物の凶行。
ミステリフロンティアに入ってるし
ミステリーとしての体裁は保ってると思うんですが
基本的にはファンタジーやら幻想小説やら
そういった部類にジャンルわけしても
良いんではないかと。
奇抜な設定を考え付いたけれど
生かしきれませんでした・・・っていう感じがします。
トリックもそんなバカなと思ってしまいましたし、
世界観の作りこみも甘いような。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。