FC2ブログ

浅田次郎 『天国までの百マイル』

天国までの百マイル
天国までの百マイル

★★★★☆
浅田次郎。なんて期待を裏切らない作家なんだ。
もう、その力量にくらくらです。
会社を失い、妻子とも別れ、日々の生活にも
事欠く安男。
母が心臓病に倒れ、
天才医師がいるというサン・マルコ病院まで
母を運ぶことになる。
安男を支えるマリの献身、
前妻の栄子、母、母の担当医、
そしてサン・マルコ病院の天才医師。
みんな印象深い人たちばっかりで、
物語に深みを与えてます。
安男がつぶやくこのセリフにぐっときました。
「死ぬなよ。俺、ちゃんとするから。前みたいに金持ちにはなれないだろうけど、おかあちゃんが安心できるぐらいには、ちゃんとなるから。なあ、おかあちゃん死ぬなよ」(P177)
後悔と、懺悔と、それでもなお深い愛情と。
後半のマリの告白以後泣けて仕方なかったです。
浅田次郎の描く家族には泣かされっぱなしです。
『椿山課長の七日間』もおススメです!

テーマ : ぐっときた本
ジャンル : 本・雑誌

Comment

ここで評価のあった「魔法があるなら」を読みました。
とっても面白かったです。
デパートで暮らすのって、1度くらいしてみたいですよね。本当。
また参考にさせていただきます。
ありがとうございました♪

『魔法があるなら』気に入っていただけたようで良かったですー。
参考になるかどうか怪しい限りですが
またのお越しをお待ちしておりますー。
非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。