FC2ブログ

誉田哲也 『ソウルケイジ』

ソウルケイジ ソウルケイジ
誉田 哲也 (2007/03/20)
光文社
この商品の詳細を見る

★★★★☆
多摩川の土手に放置されていた車の中から
左手だけが見つかるという事件が発生。
勘を大事にする姫川と予断を許さず細かい事柄を
積み重ねる日下の対立や
姫川と菊田の恋模様や
ユーモラスな登場人物あれこれや
楽しんで読めるエンタメ小説でした。
これ『ストロベリーナイト』の時主役だった
姫川警部補のシリーズ第二弾になりますな。
前作を読んで無くても理解できますが、
所々前作の影が落ちてたりする部分も。
横山秀夫が描くような警察内部のどろどろした
確執や男達の屈折と執念なんてのは
あんまり描かれないので
ライトな警察小説として読めました。
前作はその「軽さ」にひっかかったものの
そういうものだと割り切ってしまえば
まぁ、こんなものかと。
所々視点が変ったり、登場人物が多すぎたり
端役の設定が細かすぎたりと
難点がないわけではないんですが・・・。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。