FC2ブログ

上遠野浩平 『酸素は鏡に映らない』

酸素は鏡に映らない 酸素は鏡に映らない
上遠野 浩平 (2007/03/30)
講談社
この商品の詳細を見る

★★★★☆
健輔がクワガタを追いかけて行った先に居たのは
不思議と存在感の無い男。
彼は自分のことを「オキシジェン」、もしくは「柊」と
名乗り、まるで未来が予見できるようなことを言う。
エンペライド金貨と呼ばれる金貨を見せられ、
力がほしければその金貨を探してみると良いと
言われた健輔達は金貨に描かれた文字GAUCHEを
手がかりにとある美術館まで辿りつく。
金貨探しというとなんだか心トキメク
冒険譚かと思えますが、そういうのとは
一線を画していています。
オキシジェンの正体が分からないのと
章の初めに挟まれるヒーロー物のストーリーと
世界の支配と、なにやら色々あいまって
ちょっと混乱した物語に。
でもスイスイ読めて、それなりに楽しめました。
ミステリーランドというレーベルは
良くも悪くも挑戦的な感じがしますな。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。