FC2ブログ

リリー・フランキー 『東京タワー』

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

★★★★☆
「オカンの人生は十八のボクからみても、小さく見えてしまう。
それは、ボクに自分の人生を切り分けてくれたからなのだ」
シンプルな言葉で綴られたオカン、オトン、ボク。
オカンの明るさ、たくましさ、
時々現れるオトンのマイペースさ。
そんな二人を見て育って行くボク。
生き生きと描かれる生活。
決して避けては通れないけれど、
普段ではあまり意識しない「死」。
たくさんの普遍的なものを
つめこんだ物語。
本当に伝えたいことがあるから、
誰もがわかる簡単な言葉を選んであるんだなぁっていうのを
すごく感じました。
シンプルなだけに力強いのです!
時々はうっとおしく感じてしまうこともある
親ではありますが、
この本を読み終わって、
親孝行をしようっていう気になりました。
大切なものを再確認させてくれる1冊でした。
全ての子供に読んでもらいたいです。

テーマ : 泣いた本
ジャンル : 本・雑誌

Comment

この本を読んで、さっそく仕事の合間に
東京タワーに昇ってしまいました。
ちょうど夕方でチョット感傷的になったのを思えてます。
リリーさんも言ってましたが、なるほど展望台から見た東京のビル達は
大きさは様々ですが巨大なお墓に見えました・・・。
かなり感動したので姉にも一冊買って送った程です。
家族に本を薦めたのは生まれて初めてでした。
また遊びに来まーす。

東京タワー、上ったことないので
ちょっと羨ましいです!
家族を大事にしようって
素直に思える良い本ですよねぇ。
非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。