FC2ブログ

近藤史恵 『サクリファイス』 新潮社 

サクリファイス サクリファイス
近藤 史恵 (2007/08)
新潮社
この商品の詳細を見る

★★★★★
近藤史恵といえば、濃密な空気で紡ぎだす
あやしげなミステリーで読者を選ぶという
印象があって敬遠しがちだったのですが、
いやはや良いものを書きますねぇ。
かつては陸上競技でオリンピックを狙えるとまで
いわれた誓。しかし走ることを重荷に感じ、
自転車ロードレースに転向する。
ロードレースでは優勝することだけがただ賞賛されることではなく
チームのエースを優勝させるアシストの力も不可欠となる。
たとえ自分が勝利を狙える立場にあっても
チームのエースの為に払われる犠牲がつきものなのだ。
誓はアシスタントとしての天分を持っているというか、
終始控え目で、でもだからこそ誓が時折見せる
執着や、勝利への渇望がすごく光るんです。
冒頭の文章で、最悪の結果を予想しながら
ドキドキして読み進みましたがラストが思いがけず爽やかで
なんて良いもの読んだんだと。
終始緊張感をはらんだレースが描かれるのと
終末近くになってミステリーの要素が
花開いていくのと、いや、ほんとに面白かった。
おススメです。

テーマ : **おすすめbook!!**
ジャンル : 本・雑誌

Comment

はじめまして。
古いレビューへのコメントで恐縮です。

凄い読書量ですねー。尊敬しちゃいます。
そして、レビューや取り上げていらっしゃる作品全てが凄く参考になっております!!

これからも面白い本紹介してくださいませ。

因みに、今作はワタクシも大好きで、オススメ作です!!

http://neonbooks.exblog.jp/

はじめましてー。
参考になれば大変嬉しいですー。
「サクリファイス」すごく面白かったですよね!
私も大好きですv-252
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[近藤史恵][★★]『サクリファイス』

サクリファイス 作者: 近藤史恵 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/08 メディア: 単行本  身が震えるような傑作。どちらかと言うと前半部分の、石尾のアシストに徹しているときの白石の方が好き。感想はこちら。 最初に感動したのはエースとアシストの関係だ。持てる

サクリファイス/近藤史恵

自転車ロードレースをモチーフにした話で、エンターテイメントとしての完成度が高いので、今後いろいろな賞レースに顔を出してきそうですね(早速、本日購入の「このミス」でランクインしていました。12/6記)。なお近藤史
プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。