FC2ブログ

雫井修介 『ビター・ブラッド』 幻冬舎

ビター・ブラッド ビター・ブラッド
雫井 脩介 (2007/08)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

★★★☆☆
新米刑事の夏樹は幼い頃に縁の切れた刑事である父と
同じ事件を追う事になる。
情報屋が消された簡単な事件かと思われたが
調べが進むうちに警察内部に潜む闇と
関連があることが分かるー。
うーん。面白くないかといわれると
そんなことはないけれど、謎が全て解かれた後のカタルシスは
ないし、途中ちょっと中だるみした印象があるし、
雫井修介はもっと面白いの描けるだろうっていう
期待はあるし、トータルでみるとあと一歩ってとこですかねぇ。
登場人物のキャラクターは面白いのに
それを生かしきれてないのももったいなかった。
時折挿まれるユーモアはとっても好きなのだけれど。残念。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

ぴよったさん
おおっ。「雫井修介はもっと面白いの描けるだろう」ってところ…分かります!!! 
私もそう思いましたもん。
キャラは良かったんですけどね(笑)

うんうん。こちらの期待値が高いせいもあるけれど、もっと良く出来るはずなんだけどなぁ。
ううむ。編集の問題かなぁとかも思うんですが。むぅ。

この著者は筆が遅いでしょ。「虚貌」「火の粉」をずいぶん以前に読んではまりそうになったんですが、それほど作品が無いんですよね。この作品、新聞広告を見て、すぐ書店に行ったんですがまだ買うには至ってません。
  >雫井修介はもっと面白いの描けるだろう
・・・ですか。
  「犯人に告ぐ」にはがっかりした口なんですが、あれよりまだ出来は悪いのかな。

『火の粉』は面白かったですねぇ。『犯人に告ぐ』も面白かったと思います。私の中では
『犯人に告ぐ』>『ビター・ブラッド』って感じですかねぇ。
非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。