FC2ブログ

北山猛邦 『クロック城殺人事件』 講談社

「クロック城」殺人事件 (講談社文庫 き 53-1) 「クロック城」殺人事件 (講談社文庫 き 53-1)
北山 猛邦 (2007/10)
講談社
この商品の詳細を見る

★★☆☆☆
終末を前にしても探偵を務める南。
依頼によりクロック城に現れるスキップマンという
幽霊を退治することにー。
しかしそこで南を待ち受けていたのは
連続殺人だったー。
んー。本格ミステリかこれ?
世界の終わりを前にしてみるとですね、
殺人に使われるトリックなんて、
たいして意味がないような気がするんですが。
設定がちょっと突飛過ぎるというか
殺人の動機に説得力がなさすぎる世界観なような。
ただ、首なし死体の理由はかなり驚いたし、
トリックもまずくはないと思うので
無駄に読みにくい登場人物の名前や
凝りすぎた設定やらを改善していただければ
もっと面白いものになるんじゃなかろうかと。
・・・もしかすると、この設定の新奇さがこの作家さんの
特徴だったり、個性だったりするのかしら。
良し悪しはともかくとして。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。