FC2ブログ

セバスチャン・フィンツェック 『治療島』 柏書房

治療島治療島
(2007/06/21)
セバスチャン・フィツェック

商品詳細を見る

★★★★☆
高名な精神科医ラーレンツ博士の一人娘、ヨゼフィーネが突然姿を消した。
娘の失踪から4年、気持ちを整理するためにパルクム島を訪れた彼のもとへ、
アンナと名乗る美女が現れる。
彼女の言葉に耳をかたむけるうちに驚愕の真実が明らかになるー。
何がどうなっているんだろう?!っていう混沌から少しずつ明かされる事実。
誰をどこまで信じていいのやら分からないうちに
どんどん物語が展開してゆくので片時も目が離せません。
もちろんある程度の予想は立てられるんですが、
でも、あぁ、最後はそうなるのかーと。
切なくもある結末なのです。
映画化が決まってるそうなので大変楽しみ!
ドイツミステリーというものを全然読んでこなかったので
なかなか面白いジャンルなのではあるまいかと思った次第。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

ぴよった

Author:ぴよった
本と、映画と、紅茶と、チョコレートが好きです。最近は落語に夢中です。
since 2006/01/04

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
検索フォーム
Page Selector
RSSフィード
ようこそー。