上橋菜穂子 『夢の守り人』 新潮社
夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4)夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4)
(2007/12)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

★★★★☆
守り人シリーズ第三弾!
今回の目玉はトロガイの過去話!若い頃があったというのが
想像できないトロガイ師ですが、彼女が妻であり、母であった頃、
そして出会った不思議な「夢」と、夢の息子。
作りこまれた世界観と妥協を許さない筆致!
今回も大変楽しんで読めました。
そしてあいもかわらずバルサのタフさには憧れます。
かっちょ良いー。ファンタジーの主人公にしては
年をとりすぎてるんでは?とか思ってたんですが、
なんのなんの。相応の、もしくは相応以上の
経験を重ねたが故の説得力。
いやはや面白い。

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/21 20:44 】 | ファンタジー | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
<<平安寿子 『グッドラックららばい』 講談社 | ホーム | 島田荘司 『切り裂きジャック』 文藝春秋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyotta.blog39.fc2.com/tb.php/798-9096490e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
夢の守り人 上橋菜穂子
人の夢を糧とする異界の花に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は花の魔力に打ち克てる... 粋な提案【2010/09/26 15:25】
| ホーム |